セントレアの情報

トップページ海外旅行のお土産ゴディバGODIVAのホワイトデー@セントレア


海外旅行のお土産

セントレアからの海外旅行の魅力に迫ります!

海外旅行に出て初めて知った、そのおいしさ。
チョコレートも、そのひとつです。

「海外のチョコは、ただ甘いだけ(-"-)」、そんな固定観念を覆してくれたのは、ヨーロッパのチョコでした。
イタリアへ行った時に出合った、Baciゴディバがそれ。

Baciは、イタリアで有名なチョコのひとつ。
“PERUGINA”と書いてあったので、これはベルギーのチョコだと勝手に思い込んでいたけど、イタリアものでした。
落ち着いて文字を見てみれば、最初は“ベ“じゃなくて“ペ”、じつは“ペルジナ”と読むんだそうです。
ペルジナ社はイタリアのペルージャ(Perugia)に工場を持つ、、「イタリアチョコレート」のシンボルとも言える歴史ある会社。
Baciの箱に付いたマークからもわかるように、ネスカフェで有名なネスレグループの傘下に入っています。

ネスレはスイスの会社ですが、その傘下とはいえ、Baciは本物のイタリアン。
ヘーゼルナッツをチョコレートで包んで、くどくない甘さのチョコとナッツの歯ごたえが心地良い深〜い味わいのチョコです。
1個づつ包装されているから、お土産に会社で配るのにぴったり。
大きすぎず、かと言って小さ過ぎないその大きさも魅力です。


一方ゴディバは、ベルギーのチョコレート。
その名は、英国の伯爵夫人レディ・ゴディバに由来するそうです。
さすが、ベルギー王室御用達、ゴディバには気品が漂っていますねぇ。
日本では1972年に初めてお店ができたそうで、今ではデパチカでもよく見かけます。
名古屋では、栄に路面店がありますよ。

バレンタインシーズンには、デパチカのお店には人だかりができるので、少し早めに行ってじっくり1個ずつ選ぶのがお勧め。
たくさんの種類が並んだショーウィンドーを端から端までじっくり眺めながら、どれにしようかな(・・?と悩むのも楽しい。
店員さんが「これでよろしいでしょうか?」と選んだチョコをトレーに乗っけて見せてくれる瞬間も、なぜかうれしくて好き。

自分でゴディバを食べるなら、ミルクマカダミアのバーが気に入っています。
Baciと同じような、チョコとナッツの歯ごたえがたまりません(^^)v

[ 関連記事 ] 
[参考サイト] 

にほんブログ村 地域生活ブログ 東海情報へ

セントレア的生活



トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
セントレアからお得な宿


ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】
アジアリゾートへの旅
えりの旅行記公開中
ペンギンのお散歩
旭山動物園 旅行記≫
ケアンズの気球と突然の虹
ケアンズ 旅行記≫

トルコ旅行記|スペイン旅行記
パース旅行記|沖縄旅行記
函館旅行記 など続々公開中。
是非読んでやってください。
ありがとう

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

人気ブログランキングに参加中
お役に立ちましたら
応援ポチっとお願いします☆
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 地域生活ブログ 東海情報へ
プロフィール
セントレアと旅行について
紹介しています☆
名古屋っ子のえりです


「年に1回海外旅行!」を目標に
毎日お仕事頑張るぞ(^^)v


機内サービス&現地情報レポート